手取り25万円で貯金、車、養育費に回すことができる金額

手取り25万円とは、給料から所得税や、社会保険料を控除した金額です。この額に所得税20%から逆算した中央値にボーナス90万円を加わると約470万円が年収です。 この470万円から各種税金、社会保険料(年金+健康保険)など計約30万円を控除すると、手取りの年収は「約440万円」となります。 この金額をベースに貯金などに回せる金額を考えてみます。

手取り25万円で貯金に回すことができる金額

まず貯金をするにしても月額収入が25万円で生活費がいくらかかるのかで金額は決まってきます。 そして、なんのために貯金をするのか目標を明確に持つことでモチベーションも変わってくるはずです。将来マイホームを建てたい、子供の進学のため、車を買う、老後の生活費などです。 東京都内で一人暮らしをしている人は約5万円を貯蓄に回しているという報告があります。これがファミリーとなると生活費がかさみますので約1万円程度に減額しています。

手取り25万円で車に使うことができる金額

車を所有するかカーシェアリングなどを使うかは、居住所によって頻度に違いがあり必要性に大きな差があります。 仮に車を一家で1台所有すると、月収の1割のローンで「2.5万円」です。これにガソリン代、車検費など維持費がかかるとかなりの負担です。 コンパクトカーであれば燃費もそれほど気になりませんし、自動車税も安く済みます。購入費の目安を月収の何割などと決め、アップグレードは給料が上がってからと考えましょう。

手取り25万円で養育費に回すことができる金額

「2016年厚生労働省人口動態調査」や大手調査会社のデータでは、結婚年齢の平均は男女共に30歳前後なっていますから結婚までの月収の増額も期待できます。 養育費は子供の年齢によっても大きく違いますが、おおよそ4∼6万円を月々準備しておくと心配ありません。 「幼児教育無償化」も始まっています。こうした公的制度を上手に使うと養育費も押さえることができます。