西口彰事件の概要

1963年に起きた連続殺人事件は犯人の名前から西口彰事件と呼ばれています。大学教授や弁護士だと身分を偽り、詐欺と殺人を繰り返していました。しかし少女が西口彰だと気づいたことがきっかけとなり、逮捕に至りました。

1963年に起きた連続殺人事件

福岡県内で1963年10月、集金業務をしていた当時58歳の村田幾男さんと当時38歳の森五郎さんが殺害されているのが相次いで発見されました。2人と行動を共にしていた西口彰が全国に指名手配されましたが逃亡を続け、静岡県で旅館を営んでいた当時41歳の藤田ゆきさんと当時61歳で母親の藤田はる江さんを殺害します。 12月には東京都で弁護士をしていた当時81歳の神吉梅松さんを殺害しました。

身分を偽り逃走も少女がきっかけで逮捕

逃走中は弁護士事務所から奪ったバッジを身につけて大学教授や弁護士と偽り、偽名を使用していました。 1964年1月西口彰は熊本県で冤罪事件に関する活動をしていた古川泰龍さんのもとを訪れ、弁護士として活動に協力すると申し出ます。ところが古川泰龍さんの娘で当時11歳の古川るり子さんが指名手配犯だと気づき、警察へ通報され逮捕に至りました。