ダイバーシティとは何か

ダイバーシティとは国籍や年齢にとらわれることなく個々の違いを受け入れ、働き方を受容していくことを指します。日本では経済産業省が中心となり、2018年4月からガイドラインの策定をスタートしました。 成果がある企業に対しては表彰を行うなど、ダイバーシティ経営の推進に向けての取り組みを行っています。具体的にこのダイバーシティを用いたマネジメントにはどのような取り組みがあるのでしょうか。

ダイバーシティマネジメントとは

ダイバーシティマネジメントとは個性を柔軟に受け入れ企業内における組織力を強化していくという手法です。 このマネジメント手法は一過性のものではなく長期的な取り組みになり、企業の問題点を見出しながら解決策を見出していきます。それぞれが置かれた立場を理解し、多様性を尊重した労働環境の整備を行うことで生産性の向上を図ることを目的としています。

ダイバーシティマネジメントが重要な理由

日本では少子高齢化が問題視され、将来的に労働力が不足することが考えられます。 しかし子育て支援の施策が不十分であり、子供の預け先がなく働きたくても働けない人や親の介護の関係で退職をせざるを得ないという個人的な事情が労働の機会を阻んでいます。これらの事情を踏まえた上で活躍する場所を作ることが労働力の確保と組織力の強化につながります。