中国に次ぐ感染者と死者を出すイタリア

イタリア政府は9日に、新型コロナウイルスの感染者は1797人増の9172人となり、死者は97人増え全土で463人になったと発表しました。 これは韓国を上回り、9日時点で、死者・感染者ともに中国に次ぐ世界で2番目の多さとなりました。

感染拡大を受けイタリア全土で移動制限

イタリアのジュゼッペ・コンテ首相は9日夜、イタリア北部の州や県に限定していた人の移動を制限する措置を、10日から全土に広げると発表しました。 緊急時や健康上の理由、仕事や必要な場合を除いて不急不要の外出を控えるよう求めています。ジュゼッペ・コンテ首相は「イタリアのために国民全員が我慢をし、協力して実行に移さないといけない」と理解を求めました。

スポーツイベントも全面的に中断へ

全土で移動制限の措置を実施しているイタリアで、ジュゼッペ コンテ首相は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、サッカーセリエAを含む全てのスポーツイベントを、4月3日まで中断すると発表しています。 イタリアオリンピック委員会(CONI)が感染拡大を防止するために提言をしたとし、前週末に行われたサッカーセリエAの全試合は無観客試合で行われました。