1分でわかる押尾学事件

1分でわかる押尾学事件

  • 押尾学が合成麻薬MDMAを使用し逮捕される
  • 押尾と一緒に合成麻薬MDMAを使用したホステスが死亡
  • 懲役2年6カ月の実刑判決が下る

2009年8月3日に人気俳優だった押尾学が、麻薬取締法違反容疑で逮捕されました。しかしそれ以上に衝撃的だったのが、2009年12月7日に麻薬譲渡並びに保護責任者遺棄致死罪として再逮捕されたことです。再逮捕の陰には1人の女性の死がありました。 今回は「押尾学事件」について解説します。

押尾学事件の概要

「押尾学事件」は当初、合成麻薬MDMAを服用した罪で逮捕されたと報道されました。そして自ら合成麻薬MDMAを使用しただけでなく、それをホステスの女性にも服用させ死に至らしめていたのです。 ここでは「押尾学事件」の概要について、詳述します。

2009年に元俳優の押尾学が麻薬取締法違反で逮捕された

2009年8月2日に押尾学は、合成麻薬MDMAを服用したとして警察に任意同行されました。そして翌3日には、麻薬取締法違反で逮捕されたのです。 押尾が合成麻薬MDMAしたマンションは六本木にあり、ピーチ・ジョンの代表取締役社長である野口美佳の持ち物でした。そしてそのマンションにいたのは、押尾一人ではなかったのです。

【関連記事】こちらも一緒にどうぞ

押尾学と共にMDMAを服用した女性が全裸で死亡

警察がそのマンションに踏み込んだ時、マンションには女性がいました。しかし合成麻薬MDMAを服用したホステスの女性は、すでに中毒死していたのです。しかも女性は室内で、全裸のまま放置されていました。 押尾学が逮捕された後、マスコミは被害者女性に合成麻薬MDMAを無理やり服用させたと報道しました。しかし被害者女性は事件前から、薬物を常用していたという噂があったようです。