仕様とは

「仕様」という言葉は日常だけでなくビジネスシーンでも多く使われています。しかし多く使われることによって本当はどういう意味なのか、ということがわかりにくいという一面もあります。 「仕様」を正しく使うために、まずは「仕様」という言葉が持っている意味と英語表現を確認しておきましょう。

仕様の意味は「方法・規格、性能」

「仕様」の意味は「方法・規格・性能」です。 まず方法の意味での「仕様」とは「何かをどんな順序でどのように行うか」ということを指します。次に規格の意味での「仕様」は「複雑な設計の製品内容や図面について説明すること」、最後に性能の意味では「その物がどんな特性を持っているかということ」を表します。 いずれの意味の「仕様」も名詞として使われ、ある物についての扱い方や使い方を指しています。通常は物について使われる言葉ですが、状況によっては人についても使われることがあります。

仕様の英語は「method・spec」

「仕様」を英語にすると「method(メソッド)」または「spec(スペック)」です。 ・Adope a new method of teaching English. (新しい英語教育方法を取り入れる。) ・Change the specification. (現在の使用を変更する。) 「method」は方法・方式・順序・秩序という意味の名詞、「spec」とは仕様や性能・規格という意味を持つ「specification」の略で「仕様」を使う状況に近い方を選んで使います。

仕様の使い方と例文

「仕様」という言葉は、普段の会話でも物の名前や状態などを表す名詞として使われます。主には「仕様がない」「仕様変更」「仕様策定」「仕様設計」などです。 以下ではこれらの「仕様」を含んださまざまな言葉の使い方を具体的な例文と一緒に解説しますので、ぜひ参考にしてください。