パナソニックが半導体事業から撤退

パナソニックが半導体事業を270億円で譲渡

  • パナソニックが半導体事業から撤退・台湾企業に譲渡
  • 海外企業の攻勢が強まる・半導体事業は苦戦して赤字続く
  • 液晶ディスプレイ製造からも撤退・IoTなど成長分野に積極投資へ

【関連記事】日立化成が昭和電工へ売却へ

台湾企業Nuvotonへ事業譲渡

パナソニックによると同社の半導体事業子会社パナソニックセミコンダクターソリューションズの半導体事業を台湾に本社を置くヌヴォトン・テクノロジー(Nuvoton)へ譲渡すると発表しました。 パナソニックは譲渡前に半導体事業の再編を行い、契約は事業再編を維持することを前提とし、2020年6月1日に譲渡を実施する予定です。 両社は既に株式譲渡契約の締結に同意しており、同社の子会社パナソニックアジアパシフィックの半導体事業、パナソニック・セミコンダクター蘇州の半導体事業の設備等をNuvotonの現地法人に譲渡します。

譲渡額は270億円程度か

本譲渡の総額は2億5,000万米ドル(270億円)程度といわれています。パナソニックセミコンダクターソリューションズはパナソニックの連結子会社のパナソニック出資合同管理会社の傘下にあります。 同じく傘下にあるデバイスシステムテクノ社とデバイスエンジニアリング社と、新設するパナソニック出資合同管理会社の子会社などを経由しパナソニックセミコンダクターソリューションズの半導体事業を分割してパナソニック出資合同管理会社の完全子会社に承継させます。 このような譲渡前事業再編を進め、最終的にNuvotonにパナソニックの半導体事業の株式を100%譲渡します。

パナソニックの半導体事業は不調

パナソニックは過去にも半導体事業を他社との合併・譲渡を行いながら継続してきました。 しかし、近年の競合他企業の規模拡大路線や注力事業への巨額投資、M&Aによる業界の再編などが進んできたことで成長分野へ注力していくことを判断した模様です。