ITガバナンス協会の定義

ITガバナンス協会は「取締役会及び経営陣の責任」としています。経済通産省が唱える定義と比較すると非常にシンプルです。そこで「ITにかかる統治能力を構築させるのは企業側の責任である」と補足すればわかりやすいでしょう。 つまり協会はITを有益に活用するには企業側がガバナンスを整えるべきとしています。そのための支援活動を行うことが協会を設立した趣旨としている点からもわかります。

ITガバナンスが注目された背景・契機

2002年に発生したみずほ銀行発足時の大規模なシステム障害は記憶に新しいところです。この障害こそITガバナンスが注目された背景・契機といえるでしょう。みずほ銀行は第一勧銀ら大手3銀行が統合され発足しました。 しかしシステム統合にあたっては各行の責任において担うことが取り決められています。すなわちガバナンスが整えられておらず、システム障害は「必然」の結果だといえるでしょう。

ITガバナンスの目的とは

情報社会においてITガバナンスは全ての企業に不可欠な概念です。しかし、その目的を正確に理解しておかないと、形ばかりで的外れなものになる恐れがあります。そこで、企業が目指すべき目的と今後の課題はどのようなところにあるのでしょうか?

IT戦略で経営目標の達成を図ること

ITガバナンスの目的はIT戦略をもって経営目標の達成を図ることだと定義付けできます。企業経営においてIT戦略は欠くことができない要因です。 IT戦略を構築できなければ経営目標はおろか、競合他社との競争を制することはできません。企業経営を安定させるには、いくつもの手法や活用方法をもってガバナンスを構築することが必須です。