ITガバナンスとは何か

1分でわかるITガバナンス

  • ITにかかるコンプライスを実現する管理体制
  • 経営側の責任において構築
  • 職場環境に応じたガバナンスの採用が重要

ITガバナンスとはITにかかるコンプライスを実現する管理体制を構築することです。なおガバナンスの構築はあくまでも経営側の責任において構築する必要があります。また、「COBIT」などを活用し職場環境に応じたガバナンスを採用することも重要です。

ガバナンス:法令遵守をさせる管理体制を企業自身が整えること

「ITガバナンス」の定義を考える上で大切なのは「ガバナンス」の定義を再確認することです。一般的には「法令遵守をさせる管理体制を企業自身が整えること」を意味します。企業にとってクリーンな活動は必須です。 言い換えればクリーンな企業活動を行わなければ瞬時にユーザーにそっぽを向かれてしまいます。「コンプライアンス」とともに「ガバナンス」は企業経営において最重要課題といえるでしょう。

経済産業省の定義

経済産業省は「企業が競争優位性の構築を目的としてIT戦略の策定及び実行をコントロールし、あるべき方向へと導く組織能力」としています。現代社会においてITは企業活動において必須です。 競合他社との厳しい競争に勝ち抜くためにはITを如何に活用するかが重要となります。そのためには組織的にコントロールする統治力、すなわち「ガバナンス」が重要と位置付けています。