ドン・キホーテが橘百貨店を買収

ニュースの要点

  • ドン・キホーテが宮崎県の橘百貨店を買収
  • 熾烈な小売業の生存競争
  • 大手スーパーも続々と買収し傘下に

パンパシフィックインターナショナルHDが橘HDを買収

ドン・キホーテを連結子会社に持つパンパシフィックインターナショナルホールディングスは2月1日付で宮崎県で百貨店などを運営する橘ホールディングスを買収しました。 これによりパンパシフィックインターナショナルホールディングスは橘ホールディングスの保有する商業施設「ボンベルタ橘」と宿泊施設「エアラインホテル」を傘下に収めることになりました。 「ボンベルタ橘」はドン・キホーテを核とした商業施設に業態転換するとみられており、この度の買収をもって宮崎県内の地元資本による百貨店は消滅します。

買収額は明らかにせず

既に2月1日に譲渡手続きは完了していますが、買収額は明らかになっていません。 株式売却により橘百貨店の経営陣は2月1日付で退任となり、百貨店とホテルの従業員併せて約110名は雇用継続となる見通しです。 「ボンベルタ橘」は3月末に閉店後ドン・キホーテが核となる商業施設として10月をめどに再オープンし、「エアラインホテル」は4月以降も営業を継続する見込みです。

経営に苦しんでいた橘HD

橘ホールディングスは他店との競合に負けての倒産・ジャスコによる再建・そして県内企業の支援による新法人設立などの歴史を持っています。何とか百貨店を残したいという地元の意向がそこには窺えますが、橘百貨店はどういった経営状況だったのでしょうか。