「板につく」の意味と由来や語源

(画像:Unsplash

この見出しでは、「板につく」を正しく理解するために、どういった意味を持つのかまたその由来などについて詳しく解説します。 これまで先輩社員から言われ、意味も分からず頷いていたという方にも分かるよう確りと説明していきます。

「板につく」の意味は「ある職業や地位でのスキルや技術が身について、それらが相応しくなる」

「板につく」という言葉は「ある職業や地位でのスキルや技術が身について、それらが相応しくなる」という意味の慣用句です。 調理場に立つ料理人のことを板前と呼ぶこともありますので、特定の職業に対しての言葉であると勘違いされがちですが、そうではありません。ビジネスマンのみならず、あらゆる職業さまざまなジャンルの業界で「板につく」という言葉は使うことが出来る意味を持っているのです。

「板につく」の由来と語源

「板につく」は、「役者が舞台の上で経験を積むことで一人前になっていく姿」が語源となり生まれた言葉です。 ここでいう板とは、舞台の板張りをさしています。舞台の上で芝居をする役者は、経験を積み場数を踏んでいくことで次第に舞台の雰囲気に溶け込んでいきます。その様が語源となっています。 また、同じように舞台用語である「板付き」に由来するという説もあります。こちらは、舞台が開幕するときすでに役者が舞台の上に立っていることや、その役者自身を差した言葉です。 しかし、「板付き」自体は「板につく」の意味とはつながりが薄いため、現在では「板につく」の語源とする説としては説得力がないとされています。

「板につく」の使い方と例文

(画像:Unsplash

では「板につく」という慣用句は、どのようなケースで使用するのが適切なのでしょうか。 以下の見出しでは、「板につく」の使い方を例文を交えて解説します。