地団駄を踏む(じだんだをふむ)の意味は「悔しくて地面を踏みつけること」

「地団駄を踏む(じだんだをふむ)」の意味は「悔しくて地面を踏みつけること」です。悔しさのあまり腹を立て、そのうっぷんを晴らすために何度も足を踏み鳴らす姿をいいます。 「地団駄を踏む」は単に悔しいという感情だけでなく、それを激しく外に出している様子を表す言葉です。悔しさの程度が激しい場合や、競争に負けたなど腹立たしさにつながる悔しさを表現する場合によく使われる言い回しです。

地団駄を踏む(じだんだをふむ)の語源や由来は「地踏鞴」

「地団駄を踏む」の由来は日本古来の製鉄法である「たたら製鉄」です。 たたら製鉄では、純度の高い鉄を生産するため「たたら」と呼ばれる板を足で何度も踏んで空気を送り込みます。 悔しがって足を踏み鳴らす様子を、たたらを踏む様子に例えたことが「地団駄を踏む」の語源です。「地たたら」が言いにくいため「地だたら」「地だんだ」と変化していき、現在の漢字が当てられました。

地団駄を踏む(じだんだをふむ)の使い方と例文

「地団駄を踏む」は激しい悔しさや憤りを表す言葉で、日常生活でも使いやすい表現です。一方で、比喩表現として用いられることも多いため、使う際には注意しなければなりません。 「地団駄を踏む」のよくある言い回しや使い方の注意点について解説していきます。

例文①「悔しがる」とセットで使う

「地団駄を踏む」は「悔しがる」とセットで使われることが多くあります。例文は下記の通りです。 ・絶好のシャッターチャンスを逃してしまったカメラマンは、地団駄を踏んで悔しがった。 ・彼は騙されたことに気づき、地団駄を踏んで悔しがったが今となってはもう遅い。 実際に足を踏み鳴らす動作をしていなくても、非常に悔しがっている様子が外に表れている場合「地団駄を踏む」という言い回しを使うことができます。