ケーススタディとは

(画像:Unsplash

ケーススタディはいつ、どのように用いるかを考えたことはありますか。 ケーススタディを効果あるものにするためには、やはりケーススタディの正しい意味を理解し何のために実施するのかを明確にしておく必要があります。

ケーススタディの意味は「事例研究」

ケーススタディは一言でいうと「事例研究」のことです。 基本的に分野は問いません。様々な分野で行われます。ビジネス関連で使われることが多いですが学校や医療・介護などでも効果的に活用されています。 ビジネススクールなどにおいては、理論の学習だけでは現実の問題解決に結びつけるスキルを得られないので、ケーススタディを多用して多様なシチュエーションにおける最適な解決手法を見いだす訓練を行います。

ケーススタディの英語は「case study」

ケーススタディの英語は「case study」です。「case 」が「事例」、「study」が「勉学や研究」を意味し、「case study」で「事例研究」になります。 米国のMBAなどのビジネススクールで使われていた言葉が日本語に訳され、使われるようになりました。 日本語では「ケーススタディ」でも「事例研究」でも通じます。英語と日本語における言葉の使い方も全く同じです。

ケーススタディの目的

ケーススタディでは過去の事例を調査・分析し背後に潜む法則性や教訓を学びます。 過去における事例の疑似体験によって今後起こりうる事象に対する備えが可能になるとともに、対応策を検討するための時間短縮につなげたり新しいアイデアを得ることもできます。 ケーススタディはこのような目的で実施されますが、単に過去の事例をなぞるのではなく新たな課題に対する応用力獲得を目的としてとらえることが重要です。