「手が回らない」の意味は「やるべき仕事が多く大変な様」

手が回らない

手が回らない(画像:Unsplash

「手が回らない」は「やるべき仕事が多く大変な様」という意味の慣用表現です。 「回す」という言葉には「あれこれ手を下して、力が及ぶようにする」という意味がありますが、「回らない」とすることで「力が及ばない=こなせない」という意味になっています。 こなせる仕事量以上の仕事が溜まっていて、処理できない状況で使われる言葉です。個人の状況についてもグループなど複数人の状況についても使うことができます。

「手が回らない」の使い方と例文

「手が回らない」の使い方と例文

「手が回らない」の使い方と例文(画像:Unsplash

次は「手が回らない」という慣用表現の使い方を紹介します。 「手が回らなくなる」「手が回っていない」「手が回らなかった」という3つの表現を紹介します。時制が異なるので、時間に注意しながら読んでください。

例文①手が回らなくなる

1つ目は「手が回らなくなる」という表現です。 ・臨時増員もせずにキャンペーンを始めては、注文に手が回らなくなるのは当たり前だ。 「手が回らなくなる」とは「やるべき仕事が多くて大変になる」という意味で、これから仕事が増えて大変になることを予想する時に使われる表現です。例文ではキャンペーンを実施して一時的に増加する注文に対応するための増員をしなければ、仕事が多くなって大変になると言っています。

例文②手が回っていない

2つ目の表現は「手が回っていない」です。 ・ここ2ヶ月で3人も退職してしまったので、通常業務にもかかわらず手が回っていない。 「手が回っていない」とは「やるべき仕事が多くて大変になっている」という意味で、現在進行系で仕事量に対して人員が足りていない状況で使います。例文でも、短期間で3人が退職したことで通常営業なのにもかかわらず仕事をこなしきれていないことを表現しています。