韓国メディアが兵士180人死亡と報道

韓国のデイリーNKは北朝鮮の兵士約180人が新型コロナウィルスを原因とする感染症等により死亡したと報道しました。 死亡した兵士は主に中国との国境付近に駐留していたとみられています。 軍当局は遺体や隔離患者の入院施設の消毒を徹底して指示しており、ウィルスも情報も封じ込める意向です。 水際対策に必死だった背景には脆弱な医療環境があり、アウトブレイクが避けられないと予想できていたと思われます。

感染者は4000人程度か

未だに北朝鮮は「我が国に感染者はいない」として公式には0人としていながらも、現在なお4,000人の兵士が隔離されているとみなされています。 北朝鮮の「労働新聞」は国外から入国したものとその接触者を対象に380人以上の外国人を含んだ約10,000人にも検疫を実施し隔離したとしています。 そのうち症状の見られなかった外国人約220人を含む約4,000人は解放したと明らかにしました。

感染拡大阻止が難しい可能性がある北朝鮮

水際で必死の阻止を図っている北朝鮮ですが、劣悪な医療環境と物資不足によって新型コロナウィルスが一旦蔓延すると歯止めがかからないとみられています。 国境も閉鎖し情報も物資も遮断している北朝鮮国内は今どんな状況なのでしょうか?