ボーイング737機がテヘランで墜落

イランで起きた旅客機墜落事故の原因とは

  • 米との対立で緊張が高まるイランで旅客機が墜落・ミサイル攻撃によるものか
  • 乗員乗客170名以上が全員死亡する大惨事に・各国当局が調査、ブラックボックスを回収
  • 米とイランが関与したという憶測もながれる・第三次世界大戦に繋がるという報道も

今月8日、キエフ行きの米ボーイング737機がイランの首都テヘランのエマームホメニ空港を離陸した直後に墜落しました。 この事故で乗員乗客合わせて176名全員が死亡しました。イラン情勢が緊張している中での事故だったため、テロとの憶測も流れていますが、イランのウクライナ大使館は技術的な問題だとしてテロ攻撃であることを否定しています。

ボーイング737機の墜落の概要

事故を起こしたボーイング737機は、テヘランのエマームホメニ空港を現地時間8日午前6時過ぎに離陸した直後にエンジンから火を噴き墜落し、乗っていた乗員乗客全員が死亡しました。 事故の状況や原因を見ていきます。

737MAXとは別の機体

メディアの報道によると、墜落した機体は米ボーイング社の「737NG」という機体で2018年にインドネシアで、2019年にエチオピアで墜落事故を起こした「737MAX」とは異なる機体です。 「737MAX」は2018∼2019年の間に2回の墜落事故を起こし現在は運行が完全に停止隣、生産に関しても中止という措置がなされています。 今回墜落した「737NG」は「737MAX」より前期のモデルで、「737MAX」の事故原因となった制御システムであるMCASは搭載されておらず、墜落した機体は2016年7月に納入されたものでした。

テヘラン空港を離陸直後に火を吹きながら墜落

現場に居合わせた人が撮影したという映像は、エンジンから火を噴きながら飛行している機体の様子を捉えられていました。 737MAXの事故では、離陸時に機首が上がり過ぎないようにコントロールする操縦特性向上システムの誤動作によるものでしたが、今回の事故はエンジンのトラブルが原因とみられています。 空港広報も墜落の原因はエンジントラブルによる出火とみて、回収したブラックボックスの解析を進めていく模様です。