誹りと「謗り・譏り」は同じ意味

「誹り」には「謗り」「譏り」などの類語がありますが、この3つの言葉は全て読み方も意味も全く同じ言葉です。ニュアンスの違いもないのでどれを使っても問題ありません。 「謗り」については、読み方について説明した時に紹介した「誹謗中傷」という言葉で使われています。そして、「譏」という字は日常生活で使われることはほぼ無く、「譏嫌(きげん:人のことをそしり、嫌うこと)」という仏教用語で使われます。

「誹り」意味①人を悪く言うこと

人を悪くいうこと

人を悪くいうこと(画像:Unsplash

ここまでは、「誹り」の読み方・使い方と、2つの類語を紹介してきました。次は「誹り」の2つの意味を紹介していきますが、まずは「人のことを悪く言う」という意味です。 例文を使って類義語・対義語・英語表現も紹介していくので、ここで1つ目の意味をしっかりと理解しておきましょう。

「人を悪く言うこと」の意味の誹りの例文

「誹り」の1つ目の意味は「人を悪くいうこと」です。

例文

  • 彼は一度物事が思い通りに行かなくなると、すぐに人のことを誹り出してしまう。

例文では、「思い通りにいかない時に、人のことを悪く言い始める」という意味です。「誹る」という言葉の最も基本的な意味です。また、例文中では後ろに「〜し出す」という動詞(用言)が来ているので、連用形になっています。

「人を悪く言うこと」の意味の誹りの類義語は「悪口」

「誹り」が「人を悪く言うこと」という意味で使われる時の類義語は「悪口」です。

例文

  • 彼は気に入らない人がいると、取引先であっても見境なく悪口を言う。

「悪口」とは「他人のことを悪く言うこと」という意味なので、「誹り」の「人を悪くいうこと」と全く同じ意味になります。例文の「悪口」を「誹る」に変えても問題ありません。