「誹り」(そしり)の要点

  • 意味:「人のことを悪く言う」「不平を言うこと」
  • 由来:「『誹る』という動詞の連用形」
  • 例文:「彼は一度物事が思い通りに行かなくなると、すぐに人のことを誹り出してしまう。」
  • 類語:「悪口」「非難」
  • 対義語:「賞賛」「賛美」
  • 英語:「abuse」「criticize」

誹りとは

誹りとは

誹りとは(画像:Unsplash

「誹り」という言葉を正しく読めますか。この言葉自体を日常的に使うことは少ないかも知れませんが、実は身の回りでも「誹り」に当たる行動をとっている人は意外といます。 この記事では、「誹り」という言葉の意味も紹介します。まずはこの見出しの中で正しい読み方と類語について説明していきます。

誹りの読み方は「そしり」

「誹り」は「そしり」と読みます。日常的に使う言葉ではありませんが、「そしり」「そしる」という言葉は聞いたことがある方も多いと思います。また「そしり」という読み方は「誹り」という漢字の訓読みです。 「誹」という漢字は音読みでは「ヒ」「ハイ」と読み、「誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)」「誹議(ひぎ)」「誹毀(ひき)」など、ネガティブな意味を持つ言葉で多く使われる読み方です。

誹りは「誹る」の連用形

「誹り」は「誹る」という動詞の連用形の形です。連用形とは後ろに動詞・形容詞・形容動詞・助詞などの品詞が続いたり、「読点(、)」が来る時に使われる動詞の形です。 実際に「誹り」という形で使う時は、「誹りながら(後ろに助詞)」「誹り出した(後ろに動詞)」「彼のことを誹り、」などの形で使われています。日常会話でここまで意識する必要はありませんが、正しい使い方として理解しておきましょう。