ヘリオス航空522便墜落事故の全貌!乗務員プロドロモウの勇敢な行動とは?

経済

2019年10月25日

ヘリオス航空522便はギリシャで起きた墜落事故で、121名の犠牲者を出しました。乗務員プロドロモウの英断によって、最小限の犠牲に留められたことでも有名な墜落事故です。今回はヘリオス航空522便墜落事故の原因やその後航空業界に与えた影響について解説します。

1分でわかるヘリオス航空522便墜落事故

ヘリオス航空522便墜落事故とは

  • ギリシャ航空史上最悪の飛行機事故
  • 事故原因は点検時のミス
  • 機体はアテネ北方の山岳地帯に墜落

ヘリオス航空522便墜落事故は2005年8月14日に起きた航空事故で、乗客・乗員121名全員が命を落とす大惨事でした。 事故原因は離陸前の点検時に起きた些細なミスで、それに気づかずに機体は離陸してしまいした。機内の気圧が下がり、パイロットや乗客は意識を失います。やがて燃料を使い果たした機体はアテネ北方の山岳地帯に墜落してしまいました。

ヘリオス航空522便墜落事故の概要

「ヘリオス航空522便墜落事故」は2005年にギリシャで起きた飛行機事故です。離陸前の機体点検時のミスにより、機内の酸素が少なくなってしまいました。 結果的にアテネの北方の山岳地帯に墜落し、この事故はギリシャ航空史上最悪の事故となってしまいました。この事故の概要について説明します。

2005年にギリシャで起きたヘリオス航空の航空事故

2005年の8月14日、キプロス新興航空会社ヘリオス航空の522便はキプロスからプラハへ向けて離陸しました。 しかし、与圧システムの異常により、機内の気圧は急激に低下していきます。そのことに気づかずに飛行を続けた結果、乗客乗員全員が低酸素症になり、意識を失ってしまいます。 操縦士も意識不明のまま、機体は自動操縦で飛行を続けましたが、やがて燃料が底をつき、アテネ北方に位置するグランマティコ村付近の山間に墜落しました。

乗客乗員の121名が死亡した

「ヘリオス航空522便墜落事故」は乗客乗員合わせて121名全員が死亡するという最悪の結末で、ギリシャの航空史に刻まれることとなりました。 あと航行が5分続いていたら、アテネ市街地への墜落を防ぐための戦闘機による撃墜が検討されていたほどです。 事故を防ぐためのチャンスはいくつもあったにも関わらず、このような大惨事に発展してしまったことは航空会社の大きな反省点となりました。

ヘリオス航空522便墜落事故の原因

今回の事故の主な原因は離陸前点検にありました。事故前の点検の際、整備士は本来ならバルブをオートモードに戻さなければならないところをマニュアルモードのままにして立ち去ってしまいました。 墜落事故の原因について詳しく解説していきます。

1/4

続きを読む

関連記事