大崎事件の概要

「大崎事件」は1979年に起こった死体遺棄事件です。容疑者として逮捕されたのは、被害者の近縁者4人でした。鹿児島地裁は4人に有罪判決を下し、懲役刑が執行されましたが、容疑者達の冤罪の可能性が指摘されています。 事件の概要と冤罪説について触れていきます。

1979年に鹿児島で起きた殺人事件

1979年10月15日、鹿児島の大崎町にある農家で42歳男性の遺体が発見されました。その後、被害者の長兄と次兄、甥、そして長兄の妻の4人が順番に容疑者として逮捕されました。 事件は長兄の妻が主犯格と目され、保険金を目当てとして他の3人を巻き込んで殺害し、死体遺棄したものと考えられました。凶器はタオルで、殺害方法は絞殺でした。 鹿児島地裁は長兄の妻に懲役10年、長兄に懲役8年、次兄に懲役7年、甥に懲役1年の有罪判決を下しました。

冤罪の主張

「大崎事件」の主犯格とされた長兄の妻は判決を不服として控訴しますが、福岡高裁、最高裁ともに棄却しました。この時、長兄と次兄、甥は控訴していません。 この判決に関連して、冤罪の可能性が指摘されています。共犯者として刑の確定した長兄、次兄、甥の3人には知的障害または精神障害があったとされているのです。 「大崎事件」の有罪判決は共犯者3人の自白による部分が大きいものの、知的障害または精神障害についてはまったく考慮されませんでした。このため証言の信用性に疑問があり、長兄の妻が一貫して否認していることも考え合わせて、冤罪ではないかと言われています。