「好事魔多し」(こうじまおおし)の要点

  • 意味:「良いことには邪魔が入りやすい」
  • 由来:「中国の劇作家・高明が執筆した戯曲『琵琶記(びわき)』」
  • 例文:「2年近く問題も無く順調だが、好事魔多しと考えて何か対策をしておこう。」
  • 類語:「寸善尺魔(すんぜんしゃくま)」「そうは問屋がおろさない」
  • 英語:「Good luck comes by cuffing」

好事魔多し(こうじまおおし)の意味は「良いことには邪魔が入りやすい」

好事魔多し

好事魔多し(画像:Unsplash

「好事魔多し」は「こうじまおおし」と読み、「良いことには邪魔が入りやすい」という意味がります。 読み方については、すべての漢字が日常生活で使用頻度の多い単語を使っているので、簡単に読むことが出来ると思います。細かい読み方の注意点としては、「好事」「魔」「多し」と区切ることで、意味を踏まえた読み方が出来ます。 意味については「好事には魔が多い」と考えれば分かりやすいです。つまり「良いことやめでたいこと(=好事)」には「邪魔や煩わしいこと(=魔)」が入って来やすいと考えましょう。

好事魔多しの語源

好事魔多しの語源

好事魔多しの語源(画像:Unsplash

「好事魔多し」は、中国の劇作家・高明が執筆した戯曲『琵琶記(びわき)』から来ています。 戯曲とは、俳優などによって演じられることを目的として作られた物語で、舞台の台本に近いものです。その形で作られた『琵琶記』は、ある妻が遥か遠くまで夫を尋ねる苦悩を描いた長編物語です。 この物語の作中に「好事多磨」という一節があります。原文では、「魔」は「磨(みがく)」という漢字が使用されていますが、「差し障り」という意味です。ここから「良いことには差し障ることが多い」という意味が用いられるようになりました。

好事魔多しの使い方と例文

好事魔多しの使い方と例文

好事魔多しの使い方と例文(画像:Unsplash

ここまでは、「好事魔多し」の読み方・意味・由来などについて紹介しましたが、使われている言葉からそのまま意味がイメージできるので、紹介した内容を忘れないようにしましょう。 この見出しからは、「好事魔多し」を実際に使った例文を通して、具体的に使い方を紹介していきます。