二者の間で仕事を運営するとき

「AチームとBチームの議論をもっと話しやすくしてあげないと。」  ・You must facilitate a discussion between team A and team B. この例文は、二者の間で仕事を運営しなければならないときに使われやすい表現で、第三者からアドバイスを受けているような状態です。「話しやすく」するは「facilitate a discussion」を指しています。ディスカッションを「円滑に」「楽に」するという意味です。 「facilitate a discussion between~」で「~の話し合いをしやすくする」と訳せるので、こちらもセットで覚えておきましょう。

ビジネスにおいての「facilitate」の使い方

(画像:Unsplash

ビジネスでの「facilitate」(=ファシリテイト)は、仕事や物事を目的通りスムーズに進めることや、会議や話し合いを円滑に進めることを指します。 その他には以下のようにも使用されます。 ・「facilitater」(=ファシリテーター) 司会進行のような人のこと ・「facilitation」(=ファシリテーション) より効果的に運営できるように働きかけること リーダーとまではいきませんが、「効率的な仕事をするための働きかけ」をする存在や行動として使われると理解しておきましょう。

「facilitate」する際のポイント

(画像:Unsplash

では実際に「facilitate」をしなければならないとき、どのようなことに気をつける必要があるのか紹介します。タイトなスケジュールでの仕事には「facilitate」は欠かせないので、きちんと理解しましょう。

あらかじめ時間配分をしておく

まず全体像をよく理解し、会議のシミュレーションを事前にしておきましょう。 例えば以下のような会議では特に重要です。 ・報告が多い ・結論を出す ・情報を共有する こういった会議は、決められた時間内で多くの情報を処理しなければなりません。 できる限り事前に議題内容を確認しておき、それぞれの時間配分を行っておくことで全体のコントロールが可能になります。