反故とは

(画像:Unsplash

「反故」という言葉は日常やビジネスの会話や文章で見聞きします。しかし「反故」という言葉の意味自体を知らない人や、何となく意味は知っていても使い方を知らないという人も多いようです。 今回は「反故」の意味を知り、使い方について解説します。まずは以下にて「反故」の読み方・意味・語源について見てみましょう。

反故の読み方は「ほご」

「反故」の読み方は「ほご」です。「反」という字は「はん・たん・ほん・そる・そらす・そむく」などさまざまな読み方があります。「反故」に使われている「反」は読み方の中になる「ほん」がなまったもので「ほ」と発音します。 「故」は「こ・ゆえ・もと・ことさら」などと読み、「反故」では読み方の中にある「こ」がなまったもので「ご」と発音します。 「はんご」「はんこ」などの読み間違いが多い言葉ですので、誤りがないように覚えておきましょう。

反故の意味は「いらなくなった紙」「無駄なもの」「破棄」

「反故」の意味は「いらなくなった紙」「無駄なもの」「破棄」などです。いずれにも共通している「不要なもの」というニュアンスを覚えておくと「反故」を使いやすくなります。 「反故」は意味の通り「いらなくなった紙」のことを指すこともありますし、「無駄なもの」「破棄」という意味を持たせた比喩表現として使われることもあります。 いずれにしても「反故」というと「それ(物または人)はもういらないと判断された」ということになります。

反故の語源

昔は紙が大変貴重だったため、一度使った紙のまだ使えるスペースを繰り返し使っていたといいます。この「繰り返し」という部分が「反」にあてられ、紙という意味を持った「故」と組み合わせて「繰り返し使う紙=反故」と言われたことが語源です。 「反故」という言葉が生まれた当時は「ほんご」「ほうご」と読まれており、それが時代とともになまって現代の「ほご」となっています。そのため現代でもいらなくなった紙を「ほんご(ほうご)」と言うこともあります。