菅新総理のコロナ対策は“トランプ・ワクチン”頼みか

国際未来科学研究所代表 浜田和幸

菅義偉新総理の最大の弱点は外交か

菅義偉新総理の最大の弱点は外交だと言われている。 昨年、ワシントンに乗り込み、ペンス副大統領と面談の機会を得たとはいうものの、単なる顔見世に過ぎなかった。その点は、「地球儀を俯瞰する外交」を掲げ、世界100か国近くを飛び回った安倍前総理とは大違いになりそうだ。 今回の総理就任に際しても、海外からは不安視する声が聞かれる。

電話会談に臨んだ菅総理

そうした不安を払拭しようということであろうが、9月20日のオーストラリアのモリソン首相を皮切りに、アメリカのトランプ大統領とも初の電話会談に臨んだ菅総理である。 今後も、順次、諸外国のトップとの電話による「挨拶外交」を展開するという。しかし、電話で、しかも通訳を介しての10分から20分の会話では、相手の不安を解消し、新たな関係を打ち立てるなどはとても無理な話であろう。

順調な滑り出しとなった電話会談

とはいえ、トランプ大統領との電話会談は順調に行ったようで、直後の記者会見では高揚気味の菅総理であった。 曰く、「コロナ対策や北朝鮮問題で協力することで合意した。大統領からはこれからは24時間いつでも電話してほしいと言われた」 トランプ大統領も得意のツイッターで早速、菅総理を持ち上げた。「日本の新しい総理はたたき上げの人生を歩んできた大した奴だ。一緒に大きな仕事ができるだろう」