「金字塔」の要約

  • 意味:「後世に残る偉大な業績や作品」
  • 由来:「エジプトのピラミッド」
  • 例文:「ジョージ・ルーカスは「スター・ウォーズ」というSF映画界の金字塔を打ち立てた。」
  • 類語:「偉業」「快挙」「功績」
  • 英語:「momument」

金字塔とは

(画像:Unsplash

金字塔はビジネスの場面にとどまらず、いろいろな日常の場面でも使うことができます。しかし言葉は知っていても意味を説明できない方が少なくありません。 以下では、金字塔の読み方や具体的な意味、由来に関して説明します。金字塔を適切な場面で使えるようにしましょう。

金字塔の読み方は「きんじとう」

金字塔の読み方は「きんじとう」です。 読み方のポイントはまずアクセントの位置です。「塔」にアクセントを置きましょう。よくある間違いは、「金」の部分を強く読んでしまうことです。また、「金」を「きん」ではなく、「かね」と読んでしまうミスもよく見られます。 正しい使い方は正しい読み方が前提です。「きんじとう」と声に出して読んでみて、しっかり学習しましょう。

金字塔の意味は「後世に残る偉大な業績や作品」

金字塔には「後世に残る偉大な業績や作品」という意味があります。 ビジネス、スポーツ、音楽などジャンルを問わず、人類の文明や文化に対して、後世まで大きな影響を与える業績や作品が現れた時、それらを賞賛する場合に用いることができます。 「永久不滅に称え続けられる」というニュアンスがあり、相当優れた業績や作品でなければ「金字塔」という言葉は当てはまらないため、多用することはおすすめしません。