GMOでは在宅勤務期間を延長

GMOインターネットグループは渋谷・大阪・福岡といった中国からの観光客の多いエリアの拠点において、いち早く1月27日から2週間をめどに在宅勤務としました。 現在は終了期間を延長して長期化に備えた体制に移行しており、やむを得ず出社する場合は感染予防グッズの配布と出社時・在社時の予防策を徹底した柔軟な対応を見せています。 こういった対応を可能にしたのも東日本大震災が発生した2011年に非常時の業務継続に対する意識が高まり、災害対策本部を設置し普段より年に一度の在宅訓練に取り組んでいた企業姿勢の賜物と言えます。

千葉県のスポーツクラブでも感染。人の集まる場所に注意。

千葉県では感染者のうち3名が同じスポーツクラブに通っていたことがわかり、波紋が広がっています。 同じ時間帯に同施設を利用した客や従業員などの濃厚接触者が600人にも上っています。 多くの人が同じ空間に密集する施設や公共交通期間などは感染の確率が高まってしまうため、今後も特に注意が必要です。