歌舞伎町ビル火災とは

「歌舞伎町ビル火災」は、その被害の大きさやマスコミの報道の仕方により世間に強く印象づけることとなった事件です。 この事件は多くの犠牲者を出すとともにビルの管理体制を見直す機会を作ったものであると言えます。ここでは、「歌舞伎町ビル火災」がどのようなものであったのかについて詳しく紹介していきます。

2001年に起きた歌舞伎町の雑居ビルでの火災

「歌舞伎町ビル火災」は、2001年に起きました。事件の現場となった雑居ビルである「明星(みょうじょう)56ビル」には、麻雀を楽しむ店やセクシーパブなどが入っていました。 実際に火災が発生したのはその麻雀店がある3階とセクシーパブのある4階あたりです。麻雀店があるエレベーター辺りが出火元でした。「歌舞伎町ビル火災」は他に類を見ないほどの大きな被害を出した火災事件として数えられるようになり、マスコミにも大きく取り上げられました。

歌舞伎町ビル火災の原因と被害拡大の理由

「歌舞伎町ビル火災」は、なぜ起こったのでしょうか。そもそも雑居ビルでそれほど大規模な火災が起こることはあまり考えられません。 ここでは、なぜ火災が発生してしまったのか、そしてその被害が拡大してしまった理由に迫っていきます。

歌舞伎町ビル火災の原因はガスメーター。放火の可能性が高い

「歌舞伎町ビル火災」の原因は、3階に設置されたガスメーターにありました。ガスメーターそのものがガス管から外れた状態でボックス内にあったというのが発見時の状態なのですが、これは何者かの手によって外されたのではないかという説が持ち上がったのです。 配管を繋いでいる部分が自然に溶解するほど高温になることは考えにくいということから、今もなお放火なのではないかという説は消えていません。つまり、「歌舞伎町ビル火災」の真実は明らかになっていないのです。