1分でわかる飯塚事件

飯塚事件とは

  • 福岡県飯塚市で起こった殺人事件
  • 久間三千年は冤罪を主張するも死刑執行
  • DNA鑑定の方法と結果に問題

「飯塚事件」とは、1992年に福岡県飯塚市の小学校に通う女児2人が被害者となった殺害事件であり、逮捕された近隣住民の久間三千年は冤罪を訴えますが死刑が確定・執行されました。 久間三千年元死刑囚の妻は、逮捕の決め手となったDNA鑑定方法に問題がある上、結果が改ざんされたとして再審請求するも棄却され、現在は特別抗告を行っています。

飯塚事件の概要

1992年2月に起こった「飯塚事件」は、登校中の小学校1年生の女児2人が暴行の上殺害されるといった平成史に残る極めて残虐な犯罪であり、事故現場の近隣住民であった久間三千年が逮捕されました。 久間は2008年に死刑が執行されるまで冤罪を訴え続けましたが、なぜ警察は逮捕・起訴に踏み切ったのでしょうか。その経緯や理由について解説します。

飯塚事件の被害者は小学生の女児2人

飯塚事件の被害者は飯塚市の同じ小学校に通う当時1年生の女児2人でした。1992年2月10日の朝、登校するため自宅を出た後、行方がわからなくなっていました。 翌11日なって自宅から20km程度離れた甘木市を通っている国道近くにある雑木林で、行方不明となっていた女児2人の遺体が発見されます。 発見したのは11日の午前0時10分頃、この付近を自動車で通りかかった団体職員であり、崖下に2人の遺体らしきものを発見し警察に通報したのがきっかけでした。

1994年9月に犯人逮捕

警察当局は女児の衣服に付着していた繊維片を証拠として、1994年9月23日に久間三千年を死体遺棄の容疑で、10月15日には殺人等の容疑で逮捕します。 事件発覚当初から警察は久間をマークしており、1992年2月25日には事情聴取を行なったほか、3月20日は重要参考人として任意同行を求め取り調べていました。 その際には本人の毛髪と指紋を任意提出させてDNA鑑定を行なったほかポリグラフ検査を実施していますが、逮捕・起訴に耐え得る有力な証拠にはならないと判断されていたのです。