オオカミの仮面を被った殺人鬼

ハロウィーンの夜に行われた映画のような殺人事件

  • カリフォルニア州の市街地で男が妊婦を殺害
  • 犯行はハロウィーン当日で、犯人はオオカミの仮面
  • 犯人は妊婦の元夫で、裁判で死刑宣告された

1984年、ハロウィーンの日にアメリカのカリフォルニア州で発生した事件です。娘とともにハロウィーンを回っていた妊婦が、帰宅後に仮装した男に襲われ、無惨に殺害されました。 犯人は被害者の元夫で、被害者との間に生まれた息子が亡くなったことを逆恨みしての犯行でした。犯人は死刑判決を受けて、事件から15年後に処刑されています。

1984年のハロウィーンに襲った悲劇

事件が起こったのは1984年10月31日の夜で、カリフォルニア州にあるサンノゼという街でした。ハロウィーンということもあって、お菓子を求める子供達が多くいたようです。 犯人の男は仮装した子供達に紛れるため、自身もオオカミ男のマスクを被って仮装していました。犯行現場となるドリーン・アーバートの家にも、仮装した子供を装って接近しました。 犯人の男は1軒の住居を襲い、女性1人を殺害して逃亡しました。

妊娠8ヶ月のドリーン・アーバートが殺害される

事件の犠牲になったのは31歳のドリーン・アーバートと、妊娠8ヶ月の胎児でした。 犯人の男は18インチ(約46cm)のマチェット(山刀)でドリーン・アーバートを何度も切りつけて殺害しました。その際に左手を切断し、腹部を切開しています。8ヶ月の胎児はバラバラにされていました。 ドリーン・アーバートの4歳になる娘、ディアナが唯一の生存者でした。ドリーン・アーバートは殺害される寸前に娘を逃がしていました。ディアナの証言によると、家を訪ねてきた犯人が「あたなをこれから殺す(I'm going to kill you)」と話していたそうです。

オオカミの仮面を被った元夫マイケル・デニス

事件の犯人はドリーン・アーバートの元夫、マイケル・デニスでした。マイケル・デニスは事件から遡ること7年前にドリーン・アーバートと離婚しています。 そんな彼がどうして元妻殺害という凶行に及んでしまったのでしょうか?