キューバ危機とはアメリカとソビエトが核戦争の危機に陥ったこと

かつてアメリカ合衆国と旧ソビエト連邦が一触即発の危機に陥ったことがありました。まさに第三次世界大戦が始まる可能性が高まったのです。 それは「キューバ危機」と呼ばれています。アメリカとソビエトは大量の核兵器を保有していましたので、どちらかが一発でも核兵器を使用すれば双方核兵器の応酬となり、それは人類全体の危機をも意味しました。 それでは、この「キューバ危機」の原因や危機が回避されるまでの経緯などを詳しく見ていきましょう。

キューバ危機の原因

人類にとって致命的なアメリカとソビエト双方が核兵器を搭載したミサイルを撃ち合うような危機が何故起こったのでしょうか、そしてそれは何故「キューバ」だったのでしょうか。 そこには「キューバ」という国の地政学的な特徴がありました。アメリカ周辺の地図を頭に浮かべながら記事を読み進めてください。

1962年にソビエトとキューバが軍事協定を結びミサイルなどを送った

1962年ソビエトとキューバは極秘で軍事協定を結びました。この協定に基づきソビエトはキューバに核ミサイルをはじめ多くの武器・兵員を送りました。 背景には1959年のカストロによる「キューバ革命」がありました。キューバ革命を契機にキューバはアメリカと敵対し、ソビエトと急速に接近しました。 アメリカの喉元にあるキューバが共産化することに、当然アメリカは強い危機感を持ち秘密裏にキューバのカストロ政権転覆を計画しました。

核ミサイル基地を見つけたアメリカが海を封鎖し撤退を迫る

ソビエトとキューバの接近によってソビエト関係の船舶が頻繁にキューバ近海に現れるようになり、アメリカは警戒感を強め偵察飛行を強化します。 1962年10月アメリカの偵察機はキューバでソビエト製の中距離弾道ミサイルが配備された核ミサイル基地を発見しました。 アメリカ大統領のケネディは様々な選択肢の中で海上封鎖を選択します。ソビエト側に強いメッセージを発するとともに、今後の選択肢の幅を広げるためでした。