「witness」の意味と語源

(画像:Unsplash

ここでは、「witness」の使い方を解説します。「witness」はとても重要な意味を持つ単語です。「witness」がキーワードとなるような場面が多々あり、聞き逃してしまうと大変なことになってしまう可能性もあるので、きちんと理解しておきましょう。 まずは、「witness」の意味と語源から説明します。

「witness」の意味は「目撃する」「証人」

「witness」は動詞、名詞の2種類の使い方があります。動詞の場合「目撃する」「証言をする」、名詞の場合「証人」「目撃者」という意味になります。ほとんどの場合で、目撃する対象となるものは犯罪や事故などの重要な事件です。 また、日本では婚姻届を出す時に証人のサインが必要ですが、アメリカではその証人が婚姻届の提出に帯同しなければなりません。婚姻届の提出に立ち会い、入籍を見届ける人も「witness」と呼ばれます。

「witness」の語源

「witness」の語源は「wit」もしくは「vid」で、どちらにも分類されることがあります。「wit」は「機知」という意味で、「聡明な」という意味の「wise」の語源にもなっています。「vid」は「見る」という意味の語源で、「ness」は名詞を表す接頭辞です。 つまり「witness」は「見ること」ですが、「機知」の意味を加えて「見ることによって(事件などを)知る」というように覚えておくと、本来のニュアンスが理解しやすくなります。

「witness」を用いた例文

(画像:Unsplash

続いて、「witness」を用いた例文を見ていきましょう。前述したように、「witness」は名詞としても動詞としても使われる単語です。 品詞別によく使われる表現を紹介するので、ぜひ例文を覚えてみてください。