茨城県境町殺人事件の概要

「茨木県境町殺人事件」は一家5人のうち4人が重軽傷を負った謎めいた事件です。犯人は未だに逃亡を続けており犯行動機のみならず年齢や国籍なども絞り込めていません。長閑な山間部ので起きた凶悪事件の概要に迫ってみましょう。

小林光則さん一家が何者かに襲われる

茨木県境町殺人事件が発生したのは2019年9月23日未明です。殺害されされたのは会社員小林光則さんと妻の美和さんでした。 一軒家には夫婦のほかに3人の子供が住んでおり、長女は無傷であったものの長男と次女は怪我を負わされています。境町は茨城県猿島群に属す山々に囲まれた人口2.4万人の長閑な地域です。 昔ながらに昼間は自宅に鍵をかけていない住宅も多く、小林光則さん宅もいくつかの窓や扉が施錠されていませんでした。このことが犯行を容易してしまったといえるでしょう。

小林光則さんの妻による通報で事件が発覚

茨木県境町殺人事件の現場となった小林光則さん宅は2階建てです。夫婦と長男、次女は2階で就寝しており、長女は1階で就寝していました。 突如襲われた小林光則さんは息絶え、美和さんが最後の力を振り絞って助けを呼んでいます。その後、自力で警察に通報し事件が白日の下に晒されます。警察が急行した時には既に夫婦は死亡しており、傷ついた兄妹と無傷の長女が残されていました。 凶器に使われたのは鋭利な刃物であり、夫妻は何か所も切り付けられています。その犯行手口は残忍極まりないものであり、地域住民は動揺を隠せませんでした。