三島女子短大生焼殺事件の概要

2002年1月22日静岡県三島市の山中で女子短大生が拉致され、強姦後生きたまま焼き殺されるという恐ろしい事件が起こりました。事件は発生場所の名前から三島女子短大生焼殺事件と呼ばれています。普通の女子短大生がなぜこのような非人間的で残酷な事件に巻き込まれたのか、事件の経緯を振り返ります。

女子短大生がバイト帰りに服部純也に拉致監禁される

被害者は三島市の自宅から新幹線通学で神奈川県秦野市にある上智短期大学に通う普通の女子短大生でした。 その日は夜11時までJR三島駅近くの居酒屋でアルバイトをして、自転車で自宅に帰っていました。彼女は国道136号線を走っているとき車に乗った服部純也に声をかけられましたが、それを無視しました。 無視されたにもかかわらず服部純也は執拗に女子短大生に迫り、彼女が悲鳴をあげたため無理矢理車の後部座席に押し込んで車を発進させました。

服部純也は山中で女子大生を強姦

服部純也は女子短大生を拉致した時点で既に強姦を企んでいたようです。服部純也は勤務先の建設事務所から車で10分程度の山中に女子短大生を連れて行き、「ぶっ殺すぞ」などど言って彼女を脅迫し続けました。 山中で車を止めた服部純也は後部座席に移動し、脅されて恐怖感から抵抗する気力を失っている女子短大生を全裸にして強姦しました。 理不尽に強姦された女子短大生は根も尽き果て、ものも言えない状態だったと思われます。