1分でわかる玄倉川(くろくらがわ)水難事故

玄倉川の水難事故とは

  • 玄倉川で水難事故が発生
  • 若者18名が水難事故に遭う
  • 生存者の心無い言動が世間のバッシングに遭う

1999年8月、神奈川県足柄上郡山北町にある玄倉川において、キャンプをしていた18名が水難事故に遭う出来事がありました。 この水難事故は、ニュースでもかなり大きく報道されており、その原因や受難者の対応が話題になっています。救助を受ける側だとは思えない態度をとり、注意勧告も全く聞こうとしませんでした。 本記事では、この玄倉川の水難事故について詳しく説明します。

玄倉川水難事故の概要

玄倉川の水難事故は、当時のニュースを見た人なら強い印象が残っているかもしれません。時期が8月とキャンプシーズンということもあり、水難事故が発生した前日からキャンプをしている家族が今回の受難者です。彼らの非常識な言動が問題となりました。 今回の水難事故が注目を浴びた理由は、防げる事故を防げなかった経緯と受難者の対応にあります。これから1つずつ紹介していきます。

1999年に神奈川県玄倉川沿いで起きた水難事故

玄倉川の水難事故は先程紹介したとおり、神奈川県足柄上郡山北町にある玄倉川で発生しました。夏ということで、多くの人が川でキャンプをしていたのですが、温帯低気圧の接近により、川の増水が予想されている時期でもあったのです。 そのため、地元警察などが事前にキャンプをしていた人への避難勧告を行っていたのですが、その勧告を無視したのが今回の受難者です。 再三にわたる避難勧告を無視した結果、今でも話題になるほどの大事故になってしまいました。

警察の忠告を無視した18名のうち最終的に13名が死亡

玄倉川水難事故が発生したのは、受難者が再三の避難勧告に応じなかったからだと言えます。避難勧告がすみやかに受け入れられていたら、この水難事故自体が発生しなかった可能性もあります。 実際、警察などの忠告を無視し続けた結果、受難者18名のうち、実に13名が死亡してしまう事態になってしまいました。 また、受難者は家族連れだったため、生後間もない赤ん坊や児童なども現場にいました。そのうち、1歳から9歳までの実に4名が被害に遭っているのです。