NAFTA(ナフタ)とは

(画像:Unsplash

NAFTAは、商品・サービスの貿易障害を撤廃し、国境を超えた移動を促進することなどを目的としています。 この目的の他にも、公正な競争条約を促進すること、投資機会を拡大すること、知的財産権の十分かつ効果的な保護・執行を行うこと、が目的とされています。 もともと、NAFTAは、1990年代のヨーロッパ共同体(EC)(現在のEU=ヨーロッパ連合)をはじめとする地域経済の統合化の流れに抗して、北アメリカに単一の経済圏を樹立することを目的としていました。 実際、NAFTAはGDP(国内総生産)の規模において、EUを超える世界最大の地域統合を達成しました。ただし、NAFTAの加盟国がアメリカ合衆国・カナダ・メキシコと少ないことから、一部の貿易や投資についての統合に留まっているのが現状です。

NAFTA(ナフタ)は自由貿易に関する協定

(画像:Unsplash

NAFTAは加盟する各国の自由貿易に関する協定です。 通常であれば、国同士でモノやサービスの貿易が行われる際には関税がかかります。 しかし、NAFTAに加盟しているアメリカ合衆国・カナダ・メキシコ間で行われる貿易取引は、原則として関税がかかりません。 NAFTAが結ばれたことによって、3カ国間のモノやサービスに関する貿易取引が活発化し、自分の国の経済を発展させることができます。 簡単に言えば、NAFTAに署名したことによって、3カ国間でモノやサービスを自由に取引することができるようになったのです。 実際、NAFTAの成立は、3カ国の経済を大きく発展させました。 実際、NAFTA締結以降、NAFTAの経済効果に関する分析がなされています。その研究結果によれば、NAFTAの成立はアメリカ合衆国・カナダ・メキシコという3カ国各国の経済と、その国々に住む一般市民に対して非常に有益であったことが示されています。

NAFTA(ナフタ)を締結までの経緯

(画像:Unsplash

アメリカ合衆国・カナダ・メキシコという3カ国がNAFTAを締結したのには理由があります。 NAFTA締結の理由は、1990年代前半から地域統合(ブロック経済)が台頭してきたことに起因します。 1993年には、欧州連合条約が発効したことによって、ヨーロッパの様々な国々が統合して、欧州連合(EU)が誕生しました。 一方で、東南アジアでは、東南アジア諸国連合(Association of South‐East Asian Nations:ASEAN)が台頭し、貿易圏を築いていました。ASEANそのものは1967年に結成されたものですが、1984年にブルネイが、1995年にベトナムが、1997年にミャンマー・ラオス・1999年にカンボジアが加盟するなど、勢力を強めていました。 こうした地域統合によるブロック経済に対抗するために、北アメリカ地域の国々もNAFTAを締結することによって、地域統合を進めたのです。