笹子トンネル事故の概要

(画像:Unsplash

笹子トンネル事故は、国土交通省などでは「笹子トンネル天井板落下事故」と呼ばれることもあり、今も人々の記憶に深く刻まれています。2012年12月、中央自動車道上り線にある笹子トンネルの天井板が落下した、たくさんの人々に被害が及びました。 事故が発生したのは朝の8時頃で、走行中の車両5台が巻き込まれました。ここでは「笹子トンネル事故」の概要について詳述します。

中央自動車道の笹子トンネルの天井が崩落

山梨県大月市笹子町付近に存在する中央自動車道の笹子トンネルで、2012年12月2日の8時5分にコンクリート製の天井板が落下しました。 その大きさは長さ130m・横5m・奥行き1.2m・厚さ8~9cmもあり、重さは1.2tありました。中壁を含めて、約270枚以上ものコンクリート板が崩れ落ちたのです。 道路を崩落した天井板が完全に覆うほど、悲惨な状況でした。

V字型にコンクリートの天井が崩落し、車3台が下敷きになった

天井板が落下したのは大月市側の出口から1700mほどのところで、コンクリート板はV字に折れ曲がっていました。そして走行中だった車両3台が、天井版の下敷きとなったのです。 事故後の検証でわかったことですが、下敷きになった車両はすべて原型をとどめないほど潰れていました。潰されたのは、冷凍冷蔵トラック1台・ワゴンのレンタカー1台・乗用車1台です。