Pioneerから独立したアルファシータ

ノーリツ鋼機が仕掛けた買収相手はPioneer DJのブランド名で世界的に支持されているアルファシータです。 2015年にPioneerから分離独立したPioneer DJは、2020年1月にアルファシータと社名変更をしました。 DJ/CLUB機器事業を中核として、業務用音響機器・音楽制作機器事業を展開しています。 1994年に世界初のフラットトップ型DJプレーヤーを発売し、近年も著名人と協業した製品開発を行っており音質の良さなどに定評のあるプロフェッショナルにも多大な支持を得ているメーカーです。

買収価格は350億円

ノーリツ鋼機の取得価格は350億円でさらにアルファシータの有利子負債300億円も返済します。 資金調達は特定目的会社(SPC)を設立してユーロ建てのノンリコースローンなどによって為替リスクに備えながらも全株式を取得し、子会社化を行います。 アルファシータの企業価値は650億円と見ており、こうまでしても取得する意味があると考えています。

買収の目的は収益強化

ノーリツ鋼機はコアとなるものづくり事業を強化し収益を上げていく方針です。 創業から現在まで根底にあるものづくりに対するこだわりが、今回の買収によってどう活かされていくでしょうか?