マカオ政府が、カジノの全店営業停止を命令

マカオ政府、カジノの全店営業停止を発表

  • カジノ施設で働く従業員がコロナウィルスに感染
  • マカオ政府、カジノ施設を半月間営業停止にさせる
  • カジノ封鎖は、マカオ経済に大打撃を与える

カジノの従業員の感染

1月4日午前に判明した9人目の新型コロナウィルス感染者が、カジノ運営企業に勤務していたことが発表されました。その感染者が送迎バスやスタッフ食堂を利用したとのことです。 マカオのカジノは、中国本土からの利用客も多く、コロナウィルスが施設で蔓延している可能性が高いとされています。中国人のみならず、世界中からカジノ利用客が集まるため、対策をしなければマカオが第二の感染流行地になりかねません。

マカオの収益の大部分を支えるカジノの運営停止

マカオ政府は、2月4日に政府本部ビルで緊急記者会見を開き、マカオのカジノ事業及び関連娯楽事業を半月にわたって停止することを発表しました。マカオのカジノは、マカオ経済を支える重要な経済施設でもあります。 カジノ運営が停止されることで、カジノ関連企業がダメージを受けるのはもちろんのこと、海外利用客の減少から、観光や外食産業、宿泊産業にも影響を与えることが予想されます。マカオ政府にとってカジノ運営停止は、苦渋の選択とも言えますね。