インターンシップとは「学生のうちに就業体験をすること」

(画像:Unsplash

就職活動を始めると、「インターンシップ」という言葉を聞く機会が多くなります。「インターンシップ」とは「学生のうちに就業体験をすること」です。近年は正規カリキュラムの中に、インターンシップを取り入れる大学も増えています。 受入企業によっては、仕事内容や働く意義について学ぶ機会として、インターンシップを行っています。その場合は、1~5日と期間が短くなるのが一般的です。

インターンシップをする目的や意味

(画像:Unsplash

インターンシップは短ければ1日、長ければ半年に及びます。その期間によって、目的や意味が異なります。 企業がインターンシップを行う目的は、新卒採用や広報・PRなどが一般的です。一方で学生にとっては、単位認定やアルバイトの延長などいろいろな意味を持ちます。 ここでは、就活におけるインターンシップの目的と意味について説明します。

就活で有利になる可能性がある

インターンシップの目的は就業体験を通して、学生が職場の一員として働きながらスキルアップすることです。そのため受け入れる企業側もアルバイトと異なり、学生に対して目的意識や責任感を持ち能動的に行動することを求めます。 民間企業でのインターンシップに参加し、そこで自社の戦力になると認められれば早々に内定をもらえる可能性があります。これは就活中の学生にとって、大きなメリットです。

自分にあった業種や仕事がわかる

インターンシップにおける本来の目的は、就業体験を通して学問と実践的な技術が結びついた学生を育成することです。就活においては、業界研究や企業研究の一環としてインターンシップに参加する学生も多いです。 就業体験を通して、希望する業界や職種の実際を知ることができます。また、自分の適性やなりたい職業を見極める機会にもなります。体験を通して、自分がその業界や職種に適性があるかどうかを見極める機会にもなります。