大麻合法化は可能なのか?

1分でわかるニュースの要点

  • 俳優・伊勢谷友介氏が大麻所持の疑いで逮捕された
  • 大麻は海外で合法な国もあるが日本では現在違法
  • 伊勢谷友介氏の逮捕で大麻合法化の議論が活発化

2020年9月8日、俳優の伊勢谷友介氏が大麻所持の容疑で逮捕されました。大麻は海外で合法な国もあるため、逮捕の報道と前後して、大麻合法化の議論が活発化しています。大麻は比較的依存性や害が少ないとされていますが、合法化には冷静な議論が必要です。

芸能人が逮捕される度に議論される大麻合法化

日本では現在大麻が違法されていますが、国内にいる大麻支持者は芸能人から逮捕者が出るたびに、合法化を主張しています。 2019年に逮捕されたピエール瀧、元KAT-TUNの田口淳之介の際にも、やはり動揺に大麻合法化の議論が勃発しました。特に元女優の高樹沙耶さんは熱心な大麻支持者で、独自の大麻肯定論を展開することでも知られています。

ネット上で比較されるタバコとの違い

大麻合法化の議論においては、タバコと比較して安全性を説くケースが多いようです。海外で行われたある調査では、大麻(マリファナ)の依存症が9%だったのに対して、喫煙者の32%が依存症だったと報告しています。 タバコの依存は主に、タバコの成分に含まれるニコチン中毒です。一方の大麻は肉体的な害は少ないものの、精神的高揚感を味わえることから、精神的な依存性や常習性が危険視されています。

海外では合法化されている都市も

日本では違法とされている大麻ですが、海外では合法な国もあります。例えばカナダやウルグアイ、アメリカでも州によっては合法とされています。大麻の利用法はさまざまで、嗜好品としてよりも、医療用として許可されているケースが大半です。