RAND関数は乱数を表示する関数

=RAND()

RAND関数とは、0以上1未満の実数の乱数を表示させる関数です。なお、因数は必要ありません。数式を直接入力するか、「数式」の”数学/三角”から挿入することができます。

RAND関数の応用

乱数を整数にする

乱数を0以上100未満の整数にしたい場合は、INT関数(数値の小数点以下を切り捨て、元の数字を超えない最大の整数を返す)を用いて、

=INT(RAND()*100)

とします。 0以上10未満の整数にしたい場合は、掛ける数を100から10に変更し「=INT(RAND()*10)」とします。

指定された範囲で整数をランダムに表示する(RANDBETWEEN関数)

乱数の範囲が決まっている場合、 RANDBETWEEN関数が有効です。RANDBETWEEN関数は、乱数を整数にして数値を返してくれる関数です。以下のように使います。

=RANDBETWEEN(最大値,最小値)

例えば、1から5の範囲で乱数を表示させたい場合は「=RANDBETWEEN(1,5)」を挿入することで実行可能です。

RAND関数を使用したいときは、例えばaとbの範囲と指定したとすると、

RAND()*(b-a)+a

という数式になります。整数にしたい場合は、INT関数・ROUND関数(数値を指定した位で四捨五入して返す関数)を使用します。 今回は、a=1、b=10と置き、B1にINT関数を、C1にROUNDを使用しました。