手取りは約700万円から800万円

年収1,000万円の方の手取り収入の平均額は、700万円から800万円です。 独身で年収1,000万円と共働き世帯で年収1,000万円とでは、手取り収入が異なります。所得税は1人あたりの年収に対して算出されるので、単身で1,000万円よりも低い税率で済みます。そのため、共働き世帯の方が、独身者よりも手取り収入は多くなります。

独身者の生活費と貯金額

独身者で年収1,000万円の人の場合、毎月の生活費は40万円ほどで、それとは別に13万円ほどが貯蓄できているようです。 生活費の内訳のうち大きなものは、住居費の10万円と食費の8万円です。住居費10万円というと、都心でワンルーム程度の部屋が目安になります。食費は、毎週1回は1万円程度のディナーが楽しめる程度の額といえるでしょう。

既婚者の生活費と貯金額

収入1,000万円以上、既婚者で2人暮らし世帯の生活費は43万円ほど、別に10万円ほどが貯蓄できている様子です。 住居費10万円と食費8万円は、独身者と大差ありません。中には食費を5万円程度に抑え、その分を貯蓄に回しているケースもあります。外食をしたり、旅行へ行ったりすることが抵抗なくできる生活レベルです。

子持ち既婚者の生活費と貯金額

年収1,000万円で、子持ち既婚者世帯の生活費は43万円ほどで、10万円ほどの貯蓄。生活費は2人世帯と同等でも、子どもが増えることで住居費は15万円ほどになるため、その分ほかの支出を減らしている例がみられます。 世帯年収が1,000万円以上あれば、子どもの教育費をかける余裕も生まれます。