「頭を下げる」の類語

(画像:Unsplash

頭を下げる、の類語は多数ありますが、ビジネス文章の中で使いやすいのは以下の3つです。 ・謝意を示す 感謝の気持を伝えたいときに使える表現です。固めの言葉なのでオフィシャルな場でも使えます。 ・深々と礼をする より丁寧に感謝の気持ちを示したいときに使える類義語です。「丁寧にあいさつをする」というニュアンスでも使えます。 ・お辞儀をする 相手に尊敬の気持ちを示すときに使える言葉です。立場が上の方と接するシーンでも使えます。

「頭を下げる」の英語はbow

(画像:Unsplash

英語で「頭を下げる」に当たる表現は「bow」ですが、特に欧米では頭を下げる文化があまりないため、実際にbowを使うシーンはそう多くないでしょう。 しかし、日本のビジネスに関する説明の中でbowを使う必要が出てくることもあります。 役立つ例文としては、 He politely bows to the teacher. (彼は先生に対し丁寧に頭を下げます) などがあります。 「bow」は人に感謝や敬意を示すため頭を下げる行為を指しますので、謝罪の時には使わないよう注意が必要です。

まとめ

(画像:Unsplash

頭を下げることには、感謝や尊敬の意味があります。 今まで謝罪するときしか頭を下げてこなかったという人も人間関係を円滑にするため、積極的に態度で感謝の気持ちを伝えましょう。