相手への感謝の気持ちで自分も満たされる

ビジネスの中にはいろんなシーンがありますので、本意ではなく口先だけの感謝をした経験のある方は多いでしょう。 もし感謝の気持ちがあっても言葉は自分変えることが出来るので、自分が本当はどう感じているのか、分からないこともあります。 しかし感謝の意を込めて頭を下げるのは、感謝の言葉を伝えるより少し気力を使う行為です。頭を下げ、感謝の気持ちを行動で示せば相手への感謝が自分ではっきり感じられるので、自分の心も満たされます。 さらに、他人に感謝をすることで「自分は良いことをした」と感じ自分に自信が持てるようになります。 自分に自信がつけば卑屈な気持ちがなくなり、周りの人ともよりフラットに接することが出来るようになるでしょう。

「頭を下げる」ことができない人の心理

(画像:Unsplash

頭を下げることで、人間関係が円滑になり仕事での評価も上がります。 しかし頭を下げることにどうしても抵抗感を持っている方は多く、相手に言われるまでかたくなに頭を下げない、という人も少なくありません。 どうして頭を下げて感謝の気持ちを占め得る人が少ないのか、ここからは頭を下げることが出来ない人の心理について見ていきます。

自分の方が相手より偉いと思っている

頭を下げるのは、相手への尊敬や敬意を示すため。つまり頭を下げることは、相手を立てる行為でもあるのです。 自分に自信のある人なら、抵抗なく相手を立て、素直に感謝の気持ちを伝えられるのですが、自分の立場をいつも気にしている人は、「相手を立てることで自分の評価が下がるのでは」と不安に感じてしまいます。 また、いつも偉そうにしている人は頭を下げ一瞬でも相手を立てることを嫌がり、なるべく頭を下げずその場をやり過ごそうとします。 人の価値観はそれぞれですが、頭を下げる=負けだと考えている人は、頭を下げる行為が人間関係に良い影響を与えることを受け入れられず、謝罪が必要なシーンでも頭を下げるのを嫌がります。

「頭を下げる」の例文

(画像:Unsplash

頭を下げる、という言葉を使った例文を3つ紹介していくので、使い方の参考にしてください。 ・彼は自分の過ちに気づき、急いで頭を下げた。 これは謝罪の意味での用法です。頭を下げる、という行為は基本的に感謝や敬意を示すので、謝罪の意味で使う場合は謝罪に至った経緯も文章内で説明することが大切です。 ・あなたの頑張りには頭を下げずにいられないよ。 これは尊敬の意味での用法になります。相手のどんなところを尊敬しているのか、文章内ではっきり伝えることで意図が伝わりやすくなります。 ・私が質問に答えると、部下はありがとうございますと言って頭を下げた。 これは感謝の意味で頭を下げた時に使えます。感謝の気持ちをはっきり伝えるためには「ありがとうございます」など感謝の言葉と共に「頭を下げる」を文中に入れるのが効果的です。