「頭を下げる」の意味は「感謝する、敬服する」

(画像:Unsplash

頭を下げる=謝罪だと思う人は少なくありません。確かに謝罪するときに頭を下げることは多いですが、もともと「頭を下げる」のは感謝や敬服の気持をあらわすため。 頭を下げ感謝の気持ちや尊敬の気持を示せば、相手も嬉しく感じてくれるので、人間関係にもプラスの影響があります。 頭を下げることに抵抗感を持つ人も少なくないですが、会社で出世しいていく人ほど頭を下げ上手くコミュニケーションを取っているとも言われます。 頭を下げる本来の意味を考えれば、謝罪以外のシーンで頭を下げるのは、おかしいことではないのです。

「頭を下げる」と良いこと

(画像:Unsplash

頭を下げることへの嫌悪感から、やたら頭を下げずその場をやり過ごそうとする人もいるでしょう。しかし頭を下げるのは相手への感謝や尊敬の気持ちを伝えるため。 頭を下げられて嫌がる人は少なくても、頭を下げてもらえず不愉快に感じる人は多いです。人間関係を円滑にするため、頭を下げることは特にビジネスシーンである程度必要だと言えます。 ここからは頭を下げることのメリットを3つ、解説していきますので、頭を下げるのが苦手な方もぜひ参考にしてくださいね。

丁寧かつ謙虚な印象を与えられる

人に何かしてもらった時、頭を下げず「ありがとうございます」と言うだけでは少々物足りなく感じる人もいます。 もちろん、感謝の言葉を言うのは必須ですが、ビジネスシーンで丁寧さや謙虚さを相手に印象付けるには、さらに分かりやすく感謝の気持ちを伝えることが大切。 感謝の言葉と共に頭を下げれば、相手への敬意を示すこともできるので、相手からの印象もさらに良くなるでしょう。 一方相手から何かしてもらったのにお礼の言葉もない人は、失礼な人だと思われ相手から非難されることもあります。 頭を下げるのは卑屈な人だけだと思っている人も少なくありませんが、頭を下げることで相手から「きちんと謙遜できる人」と思われ逆に周りから尊敬されることも少なくありません。

良い人間関係が築ける

人と会話をした後や、道を譲ってもらった時など、ふとしたシーンで頭を下げれば、相手からの印象がよくなります。 頭を下げることで、相手と一緒に時間を過ごせたことへの感謝をはっきり示せるので、感謝の言葉を聞き取ってもらえず上手く伝わらないという事態は防げるでしょう。 また、頭を下げれば丁寧な人だという印象を持ってもらえるので、周りの人から仕事の面でも信頼されやすくなります。 人事評価でコミュニケーション能力が重視される現在、周りの人に信頼される存在になれば、出世にもプラスの影響があるでしょう。