北関東連続幼女誘拐殺人事件とされる5つの殺人事件

1979年から1996年にかけて北関東で幼い女の子が誘拐・殺害される事件が5件発生しました。その内1件は被害者が発見されていませんので正確には失踪事件扱いです。これらの事件には共通点も多々ありますが、犯人の特定には至っておらず未解決事件とされています。

1979年に起きた5歳の幼女の殺害事件

一番始めの事件は1979年に起きました。栃木県足利市で5歳の女の子が自宅の隣の神社境内で行方不明になりました。 女の子は行方不明から6日後、約3km離れた渡良瀬川の河川敷で全裸のまま登山用のリュックに入れられた遺体の形で発見されました。手足は縛られていました。 行方不明になる直前に30歳くらいの男性と被害者が話していたのを近所の主婦が目撃しています。

1984年に起きた5歳の幼女の殺害事件

二番目の事件は1984年同じ栃木県足利市のパチンコ店で起きました。こちらの被害者も5歳の女の子です。家族とパチンコ店に行き、遊んでいる内に行方不明になりました。 遺体が発見されたのは行方不明から1年4ヶ月後でした。パチンコ店から約2.4km離れた畑の中から白骨状態で発見されました。 事件発生日に女の子が通う幼稚園に40歳くらいと思われる男から電話が入っています。幼稚園で女の子の自宅の電話番号を聞き出し、自宅に電話をかけています。