「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の意味と由来

(画像:Unsplash

ときどき目にする「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということわざ、なんとなく意味はわかりますが由来や使い方についてはいまいちピンときませんよね。 この記事では「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の意味や由来、用例を紹介していきます。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の意味は「ある人を憎むとその人に関する他のことまで憎く思えてくる」

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということわざは、罪を犯したり腹を立たせられた相手に対しての怒りが収まらず、着ている服にまで怒りが湧いてくることを指すものです。 坊主とはお寺のお坊さんのことです。 また、彼らが身にまとっている服を袈裟といいます。 その袈裟まで憎く感じてしまう、という心理を表したことわざです。 ある人を憎むと、その人に関する他の部分も憎く思えてしまいますよね。 例えば、大嫌いな人が「好きだ」と公言しているアイドルやタレントは素直に好きと言いにくい心理になりますよね。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の由来は寺請制度

寺請制度を敷いた江戸幕府によって、民衆は僧侶に管理されるようになりました。 これはキリシタンの排出を狙ってのことでしたが、民衆にとって僧侶が目上の存在となり、意見できない立場になってしまったことでお寺と民衆の間に軋轢を生みました。 結果、お寺の坊主が民衆の怒りを引き受ける立場となりました。 そこで生まれたことわざが、冒頭で紹介した「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」です。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の使い方と例文

(画像:Unsplash

実際に「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」を使うときの使い方や用例をご紹介します。 使い方や例文を通して、ことわざのニュアンスを掴みましょう。