年収中央値は275万円前後

厚生労働省は毎年賃金に関する統計を調査し公表しています。調査では男女、年齢階級別に細かく金額が計算されており、その結果によると30歳の年収における中央値は275万円前後になります。 中央値とは年収の低い金額と高い金額の2分の1に相当する金額で、男性は275.2万円、女性は236.1万円になります。

年収平均は290万円前後

30歳男性の平均年収は290.8万円、30歳女性の平均年収は247.4万円と男女によっても異なりますが、およそ290万円前後になります。 厚生労働省が調査した賃金の分布では、高卒と高専・短大卒、そして大学・大学院卒といった学歴も年収を左右する要素のひとつになっていることが分かります。

年収300万円が一つの基準に

30歳男性の平均年収は平均値が290.8万円。30歳女性の平均は247.4万円であることが厚生労働省の資料から読み解くことができます。 平均年収は男女によっても異なりますが、学歴別にみた大学・大学院卒における賃金の分布によると200万円~400万円まで幅があるため、年収300万円というのが一つの基準になります。