1分でわかる財田川事件

(画像:Unsplash

「財田川事件」は香川県三豊郡財田村(現三豊市)で起こりました。2人組が当時63歳の男性の現金を奪って殺害したとして逮捕された事件です。 また、この強盗殺人事件は警察によって自白を強要され、これを根拠に起訴に至りました。死刑判決を受けた免田事件・松山事件・島田事件と並ぶ「四大死刑冤罪事件」としても社会から注目を集めた事件です。

1分でわかる財田川事件

  • 自白は警察による拷問により強要された
  • 冤罪事件として注目された事件
  • 死刑から一転して無罪となった

財田川事件の名前の由来

(画像:Unsplash

「財田川事件」は香川県にある財田村で起こりました。事件が起こった場所が「財田」であればその場所名を使って「財田事件」と表現されるのが普通です。 ではなぜ、財田村で起こった事件を「財田事件」としないで「財田川事件」と表現したのでしょうか。 「財田川事件」と表現したのは再審請求無効を言い渡した越智伝判事のコメント「財田川よ、心あらば真実を教えて欲しい」があったからです。

財田川事件の概要

(画像:Unsplash

「財田川事件」は1950年2月28日に起きました。家族と別居生活をしていた当時63歳だった男性が寝巻きに血がついた死体で発見されました。 地元で「財田の鬼」と呼ばれていた不良グループの2人が殺人の疑いで逮捕されました。「財田川事件」の概要と犯人が冤罪を訴えるまでに至った経緯などを解説します。

闇米ブローカーの男性が殺害され現金を奪われた

血だらけの死体で発見された被害者は、家族と別居生活をしていたヤミで米の売買に関わるブローカーでした。 闇米ブローカーは現金1万3000円を奪いとられたあげくに30箇所を刃物で刺されて死亡しました。 同じ1950年4月に財田村の隣にある神田村でも2人による農協強盗事件が発生し、警察は同じ犯人のしわざと疑い始めました。