アイドルだけではない韓国の自殺者は世界でもトップクラス

日本では特に韓国の芸能人の自殺がニュースとなりますが、実は韓国の自殺者の多さは芸能人だけに限ったことではありません。韓国の年間自殺者数は日本よりも多く、世界的に見てもトップクラスとなっています。

芸能界でも毎年のように自殺者を出す

日本でよく目にする韓国の自殺報道は、ほとんどがアイドルや歌手といった韓国の芸能界のものです。韓国では日本よりも芸能人の競争が激しく、そのため本人にかかる負担が非常に大きくなるそうです。それは世界的に有名になったアイドルも例外ではありません。 2019年だけでも「KARA」のク・ハラさん、「f(x)」のソルリさん、女優のチョンミソンさんといった芸能人が相次いで自殺しています。 2018年、2017年にも俳優のチョミンギさん、「SHINee」のジョンヒョンさんらが命を絶っており、韓国芸能界ではほぼ毎年のように自殺者が出ています。

高齢者の自殺も多い

韓国の一般の自殺比率を見ると、高齢者の割合が非常に多いことがわかります。 アジアにおける65歳以上の自殺者平均は10万人中約20人とされています。韓国の場合、65歳以上の自殺者数は10万人中約80人で、アジア平均の4倍の数字です。65歳以上の10万人あたりで中国の約50人、日本の約30人と比較するとその多さは歴然です。 韓国の高齢者の自殺は現在も増加傾向にあり、自殺の理由は社会的不安が背景にあるとされています。